FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

Pisnowar

札幌でアクセサリーの製作・販売(委託販売)を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
5月24日

I少年の朝は早い。

名前を呼ばれて目を覚ます。

重い体をたたき起こし、ロフトのハシゴを降りる。

ハシゴで足裏をマッサージしながら降りる。



コーヒーを飲みながら、今日の動きを再確認する。

トーストを焼いて、マヨネーズと卵を挟んだだけの簡素な朝食を済ませる。



I少年が家を出るのが8時半。

そんな時間に一緒に出てもどうしようもない。

と言うことで、あとから家を出て、彼の職場に鍵を届ける作戦にした。



彼を見送った後、ゆっくりと準備をし、

ソファに降り注ぐ日差しを浴びながら、もう一眠り。



I少年宅のソファは3分の2は生地で埋まっている。

それを半分くらいにまで押しやり、大きな枕として活用してやった。



お昼ちょっと前に出発。

職場までの電車の時間を調べたら、約1時間もかかる事が判明した。

暑い、日差しが暑い。

一足お先に、首のじりじり感いただきました。



降車駅の近くでお弁当を買って、彼に届ける。

直しの仕事をしてる彼の作業をちょっと手伝って、

ぼくはなぜ東京に来てこんな事をしているんだろうと、疑問に思う。



その後、アーツ千代田3331へ。

ここ前回の東京訪問の時も来て、気に入った所。

前も書いたっけ?

小学校を改装してアートスペースにしている建物で、各部屋を小さなギャラリーとして貸していたり、

大きな部屋では大々的な企画展をやっていたり。



今回行った時は体育館で、デコラティブペイントの祭典ってやつをやってました。

外国人ペインター達が、ちょーーーーーリアルな木目、大理石、その他色々をその場で書いていくというやつです。



各教室ギャラリーはいまいちでした。



その後、急ぎ足で浅草橋へ。

HI-CONDITIONさんに顔を出す。

軽く話をして、モノマチの南エリアを回って見る事に。



ガイドブック、モノマチマップを見ながら気になるお店に行ってみる。

なんてたって範囲が広い。

南エリアだけでも端から端まで行くのは億劫だ。



友人と19時にHI-CONDITIONで待ち合わせをしていたため、

限られた時間で回れそうな範囲を決めた。



モノマチマップとi-phoneマップを照らし合わせながら、道を確かめる。

どうやら川沿いの道がわかりやすそうなので、南下する。



目的地に着く前にさっそく寄り道。

川沿いに小さな飲み屋が点在していた。

屋形船?などもあり、異文化にわおわおする。



一杯引っ掛けたい気持ちをグッと堪え、写真に収める。





ギャラリー、個人ブランドの服屋、貝ボタン専門店、イラストレーターの事務所、

などを回った所で疲れる。




この期間、モノマチマップ片手に入店してくる人が多いんだろう。

各店ともお客の扱いが雑。

全ての店で買い物はしないにしろ、ぼく、あるいは他の人も興味のある店をチョイスして回っている。




全ての人に平等な接客はできないのは仕方が無い。

でももう少し大事にっていうか、

せっかくあなたのお店をアピールできる機会なのにもったいないと思いまーす。



ま、そんな感じだったのと、魅力的な店が近くになかったのと、地図疲れしたので、

テキトーにぷらぷらしてみる事に。

良い感じの壁を見つけてはパシャリ、良い感じの壁を見つけてはパシャリ。



小一時間ぷらぷらしていたこの時間の方が楽しかった。



夜ご飯を一緒に食べる事になっていたNちゃんとお店で待ち合わせ。

ひとしきりアクセサリーを見てもらった後、駅周辺をぷらつく。



うどん屋で冷たいうどんを食べた。

初めて冷たいうどんを食べたかもしれない。

冷たかった。



どうやら数ヶ月後には札幌に帰ってくるらしいので、たいした別れを惜しまず別れた。



3,40分電車に揺られ、I少年宅へ。

ソファに埋もれてワインを飲む。



明日は一緒に家を出る事にした。

1時間の通勤は大変だからね。



スポンサーサイト






<< 2013.05 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

Pisnowar
札幌でアクセサリーの制作・委託販売を行っております。

廃材や骨董品、アンティークパーツ、使われなくなったものに、新たに価値を与えることで『もの』を大事にする気持ちを持ってもらえれば良いなと思います。

2005年から活動中です。

Pisnowarのアクセサリーはほとんどが1点物なります。

詳細が気になる方はお気軽にメールして下さい!

HP http://pisnowar.web.fc2.com/

Twitter @Pisnokun
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。