FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

Pisnowar

札幌でアクセサリーの製作・販売(委託販売)を行っています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
終了しました!ありがとうございました!









『ド・ロンシャン伯の世界周遊ブローチ展』

●9月6日(木)~9日(日)

●10時~20時半(最終日19時半まで)

●4プラホール
 札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ 7階



ド・ロンシャン伯(架空の人物)が世界中を歩き、
蒐集したブローチ達のほんの一部を
こっそり見せてもらいましょう。


●Artist

sippo's sampling
lampan
PATANICA
Pisnowar
Candle mother
summer wine


ド・ロンシャン伯の世界周遊ブローチ展サイト
---------------------------------------------------

皆さんこんばんは、わしの名はド・ロンシャン。

今宵はPisnowarくんのブログを少しお借りすることにしよう。



わしがピズノワールドに行ったのは、

確か・・・


そう、少し前のような記憶でもあり、ずっと昔の記憶のようでもある。


それほどまでに鮮明に思い出せる世界。


あのワールドは他とは別だったのじゃ。


そう、それは深呼吸をする間に見て回れる程の狭さであり、

目を細めても端が見えない程の広さでもある。


深く冷たい洞窟の暗闇と見渡す限り真っ白な雪の世界のような眩しさもあった。


そこには骨董品や廃材、アンティークのパーツで作られた数々のアクセサリーが並べられていたんじゃ。


わしはこの年でも装飾品が好きでのう。

ん?わしが何歳か?


それは皆様のご想像にお任せしよう。



そう、そこには一人の青年と一羽のハト、ダンボールをかぶった‘いきもの’がいたんじゃ。

彼はとてもじゃないが、綺麗とは言えない格好と汚れた手で出迎えてくれた。


ハトは何も言わず、‘いきもの’はそっと佇んでいた。


これはアレの部品だ、これはアレをバラしたら出てきた、これはよくわからないなどと


丁寧に彼は、彼が作ったそれらを説明してくれた。


とても優しい青年だ、温かく強い目を持っていた。


わしはパイプの煙を楽しみつつ、彼との話を満喫したんじゃ。


彼は「ゴミ」を無くしたいと言う。

今存在する「ゴミ」を使えば、結果「ゴミ」ではなくなる、

そしたらゴミが減るでしょう。

そう語ってくれた。


そして、こうも言った。

「ご覧くださいロンシャン伯、

これらは『共有するブローチ』です」


わしはパイプの火が途絶えた事に気がつかないほど、

彼に耳を傾けていた。


彼はどこか遠い方角を見ながら続けた


「一家に一台?え?

まだそんな事言ってるの?

ぼくの知らない昔の世界では、電話だってテレビだって共有してた時代があった。

それが絶対良いとは簡単には言えないけどね。

ロンシャン伯、ちょっと違うけど、ケビンとハトおばさんもハトのやつ共有してたでしょ?

あれはとてもいい。

誰かを想う気持ち、そういうのを手助けできるブローチを作ろうと思いましてね。

大切な人、きっとみんないるはずですから。」



わしのパイプはすっかり燃えカスになっていた。

彼はにんまりすると、何をするわけでもなく、どこへ行くわけでもなく、

ふらふらゆらゆら、歩いていた。

その姿に、ここを愛する彼を見た気がするのう。


『共有するブローチ』

ほう、なかなか興味深い、ほうほう、これがこうなる仕掛けか。

ではひとつ頂いていこうかな。


ピ「ロンシャン伯!こちらの純金を使ったこれなんかもお似合いでございますよ」

ド「む、これはわしにはちょっと。」

ピ「なにをおっしゃいますか!こちらのパールをあしらったデザインも人気でございます」

ド「いやいや、わしは・・・」

ピ「奥様や愛人にプレゼントでしたら、ぜひこちらのペアがオススメでございます

。さらに同じ素材を使用したこちらのネックレス、リング、

さらにマイナスイオンを発生させてリラックス効果のあるこちらの壷、
さらに今なら、こちらの快眠間違いなしの低反発マクラ、マットレスのセットもおつけします。

ロンシャン伯!長旅でお疲れでしょう、限定発売でこちらの合皮でできた革靴もありますよ、
よく伸びるのでとても歩きやすいんです!
色がはがれやすいので、こちらの靴墨5色セットも付けておきます。
ブラック、ダークブラウンに加え、若々しさのあるキャメル、色気のあるシャドーグレー、攻めのローズレッド!
いやはやド・ロンシャン伯よくお似合いで!

長旅でお疲れでしょう!きっとご自宅にはしばらく帰ってないんでしょう?
家はほっておくと傷みます、人と一緒です。
この特殊コーティングを施したタイル、雨風にも強く、もちろん汚れもつきません!
施工もたった1日で終わりますよ!
外壁は家の顔ですよ、ロンシャン伯!

さぁさぁ、こちらにサインを!」

ド「ぉ・・・」

ピ「いやーすみませんロンシャン伯!
現金のみのお支払いなんです!
ちょっと計算しますね!・・・・・・・・・・・
えぇっと、純金ネックレス、パールのリング、あ、これがそれぞれペアで、壷と、数珠もでしたね?
あとマクラ、マットレス、むにゃむにゃむにゃ・・・。

合わせまして、5,623,314,875,412ピズですので、5,623,314,875,000にしておきますね!

まいどありっ!」



彼はにんまりと微笑み、優しい目をした青年だった。


わしが蒐集した物のほんの一部のブローチを見せしよう・・・。









今日もブログを読んでくれてありがたいのう。

わしはすっかり彼の虜じゃ。

皆さんも心を奪われぬよう、気をつけてな。







スポンサーサイト






<< 2012.08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

Pisnowar
札幌でアクセサリーの制作・委託販売を行っております。

廃材や骨董品、アンティークパーツ、使われなくなったものに、新たに価値を与えることで『もの』を大事にする気持ちを持ってもらえれば良いなと思います。

2005年から活動中です。

Pisnowarのアクセサリーはほとんどが1点物なります。

詳細が気になる方はお気軽にメールして下さい!

HP http://pisnowar.web.fc2.com/

Twitter @Pisnokun
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。